新しい年度が始まります。

道ばたの雪も急速にとけ、春がやってきましたね。
入園入学、新社会人、転勤と、新しい生活が始まる方が多い時期です。
当院も、あたらいいスタッフを迎え入れながら、新年度スタートです。
今年度も、心配を抱えて受診された患者さんが、安心して帰っていただけるよう、スタッフ全員で、努力していきたいと思っております。
先月は、世界緑内障週間があり、院内では、積極的に緑内障検診をアピールしましたが、「緑内障検診の大切さ」、耳にすることがあったでしょうか?
何年もかかり、視野が徐々に狭くなる、40歳以上の20人に1人いると言われている、決して少なくない病気です。「見にくい」と受診されたときには、かなり視野は狭くなっていることが多いです。「今見にくいことはない」方にも、予備軍として存在していることが多々見られます。眼科での緑内障の検査を行うことにより、予備軍の有無も確認することができます。緑内障が発症しているのであれば、点眼治療等にて進行予防ができます。
是非一度、40歳以上の方には、緑内障検診を受けていただきたいと思います。10年後20年後も、しっかり見える生活を維持するための検診です。
(検査の所要時間は、1時間から1時間半、瞳を大きくする散瞳薬を使用して検査することが多いですので、帰りはお車の運転が不便になります。ご都合をつけて受診してください)
(当院は予約制でないため、時間帯によってはお待たせすることがあると思いますが、ご了承ください。
(院長)