はやり目が流行っています。

 3学期が始まり、例年通り、インフルエンザが流行ってきましたね。インフルエンザ以外にも、アデノウイルスや溶連菌ののどの風邪なども流行っている様です。アデノウイルスのタイプによっては、結膜炎になることがあります。属にはやり目と言われていますが、「目やにが出た」「目が赤くなった」「まぶたが腫れた」と、症状は普通の結膜炎とあまり変わりません。ただ、はやり目は、学校や保育園はお休みしなければならない結膜炎に指定されているため、保育園の先生から「眼科受診を」と言われることもあります。眼科受診で、100%正確な診断がつかず、それでもはやり目の可能性が高く、「1,2日保育園お休みしてください」とお願いすることあります。急なお休みのお願いで、困っているお母さんの様子を見ると大変申し訳なく思いますが、時にかなり大流行して、角膜炎などを起こし、視力低下を来すこともある結膜炎ですので、ご協力のほどよろしくお願いします。
とても寒い日が続いています。早く春が来て、風邪のシーズンが終わってほしいですね。(院長)