旭川市東光にある眼科です。 地域の皆さまに愛され親しまれる医療を心がけております。

HOME > 当院のご案内


診療時間

院長  今田 恵 非常勤  鳥井 希恵子
曜日/時間帯 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
9:00〜12:00 今田 今田
鳥井
今田 今田 今田
鳥井
今田 休診
13:30〜17:30 今田 今田
鳥井
- 今田 今田
鳥井
-
※学会・検診等により、診察医師の変更がございます。予めご了承下さい。

診察について

眼科の一般的な病気の検査・診療を行っています。
・白内障や緑内障の検査・治療
・飛蚊症や糖尿病網膜症などの眼底検査やレーザー治療
・眼鏡、コンタクトンレンズの処方
・結膜炎やものもらい、角膜異物の治療
・小児の視力検査、斜視検査、弱視訓練など

特に「緑内障の診断治療」「弱視の診断治療」に力を入れています。

緑内障は、40歳以上の20人に1人にみられると言われています。
初期には、自覚症状が全くないご病気ですが、診断方法は進んでおり、眼底検査(とくに網膜の厚みを調べる眼底三次元画像検査)を行うことにより、ごく早期に診断する事ができます。緑内障の治療の目的は、点眼やレーザー治療を行い、今以上悪化しないようにすること、です。
ご家族歴がある方、強度近視の方、お若い方でも近視が強い方では、発症しやすいと言われていますので、該当する方は、是非一度、眼科での検査をお勧めします。

弱視は、本来ならば視力が完成している6歳ぐらいになっても、視力が十分でない状態です。
3歳半児検診で見つかる場合が多く、いろいろな原因がありますが、強い遠視やらんしがあるためになる弱視が多いため、メガネをかけて視力を育てることが治療となります。
3歳半というと、視力は正確に測れる子も、ご機嫌によっては測れない子も。一度では正確な結果が出なくても、おうちで視力検査の練習を行ってもらったり、また、点眼を使用した機械を用いた検査も行い、なんとか結果を出すことができます。
弱視があるのであれば、治療としてのメガネ装用は、早く始めた方が、視力は育ちやすいと言われています。検診で検査を勧められたら、是非、早めに検査を受けてください。また、検診にかかわらず、「なんとなく見えていない感じ」「視線がずれて斜視みたい」と心配に思うときには、検査を受けてください。
いつも思うことですが、保護者の方の観察力はとても的確なことが多いです。

正確な検査結果が、適切な診断治療につながります。
視能訓練士が小さい子からお年寄りまで、確かな検査をおこなっております。

以前より視力表が近くにある方法で検査しています。お子さんなど、周囲の人の動きが気にならず、視力検査に集中できるようです。 眼底三次元画像検査を行っています。網膜の厚みを調べることができ、緑内障初期の診断や、黄斑変性などの診断に役立つ検査です。
当院で初めてコンタクトレンズを作られる方は、装着や外す練習のためにお時間がかかりますので、ゆとりをもってお越しください。
また、現在コンタクトレンズを使用中の方は、コンタクトレンズの空箱等ご持参されますと、診察がスムーズになります。
当院では白内障の手術を行っておりません。手術ご希望の方は、他施設へご紹介しております。
日帰り手術か入院手術かのご希望、年齢、内科の御病気などにより、ご紹介病院をご相談して決めております。



院内のご案内

玄関・院内には段差がなく、車椅子をご利用の患者様やお年寄りの方にも楽に移動してもらうことができます。





スタッフ紹介

受付:
目配り、気配り、心配りをモットーに対応しております。お困りの時は声をかけてください。
はす池
日々できることを精一杯行い、患者さんに寄り添った対応を心がけていいきたいと思います。
山本
患者さんの不安を少しでも和らげる受付をと、心がけています。チョコレートが元気の源です。
山口
笑顔を忘れず、スムーズな対応ができるよう頑張ります。


検査:
正確・丁寧・迅速をモットーに対応しておりますが、時間のかかる検査も多く、お待たせすることが多くなっております。ご協力のほどお願いします
宮崎
少しでも患者さんの不安を取り除けるように耳を傾け、満足頂ける結果に導けるよう、日々意識をしています。
佐藤
どんなときも、1つ1つ丁寧に対応できるよう心がけて頑張ります。
小原
患者さんの立場に立って考えられるような視能訓練士になれるよう、日々精進します。
笹原
まだまだ至らない事も多いですが、丁寧で迅速な検査を心がけています。よろしくお願いします。


看護師:
スムーズに診療を受けていただけるよう、心がけております
田村
優しい目、暖かい気持ちで、患者さんに接するようこころがけていきます。混雑時にも、笑顔で明るく頑張ります。
三木
いつでも安心して診察が受けられるよう、思いやりの気持ちを忘れないようにしたいと思います。


Copyright © TOKO EYE CLINIC. 2008- All Rights Reserved